さるのかんづめ 2

Ducati M S4Rs&セロー250の話が主になるはずが、日々、雑談増殖中。。。

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/30(Sun) 23:37
今日の夜、どか亭の乗るS4Rsを車で追走した。

あれ???

S4Rs、ポジションランプの時ってウィィンカー点灯しないんだっけ?
後ろから見るとすごく幅の狭いバイクみたいに見えるんだけど?
今度聞いてみよう・・・
スポンサーサイト
2008/11/30(Sun) 23:29
115円

ここまで下がりました。
びっくりだわ。
2008/11/30(Sun) 23:28
DUCATI東名横浜の7周年感謝祭に行って来た。
ジェベルで出動!と思ったら見事バッテリー上がりを起こしていた。
全く何も反応しないいから無駄だろうと思ったけど、一応キック☆
・・・はっはっは。やっぱりかからない。
あたりまえだー、どか亭放置し過ぎ。(^^;)

で、S4Rsにタンデムして行った。

自転車GPとかプレイステーションのMoto GP大会とかあったけど、
なににも参加することなく、ポトフを食べ、焼きそばを食べ、
ひたすら抽選会を待ったalfさん。

今年はどか亭と私と一つずつゲット。

戦利品

帽子?また帽子?
どか亭、帽子好きだねー。
それと靴下。

じゃんけん大会は全部負けてしまいました。(^^;)
私ってほんとにじゃんけん弱いなー。

終わってもまだ帰らない。
なぜ?

手打ちパスタを食べるため!

うどん?おっ。美味しそうじゃない。

むぐむぐむぐ。
・・・すごくコシがある。
いや、ありすぎる。
一本ずつ食べなければあごが疲れる。(^^;)

ソースは美味しいんだけど。

ちなみに、最後の最後に食べたパスタは細くておいしかったよ。(笑)
2008/11/29(Sat) 23:55
今朝どか亭をガレージまで送った時に、吸盤を貼るスペースがあるのか、
もう一回じっくり見た。

えっ。
持ってかなかったのか?
って?

冷蔵庫に貼ったまま、忘れたの。

・・・・うーーーん。
こりゃ1個分の吸盤のスペースがあるかどうかだ。
塗装のところがいちいち盛り上がってデコボコしてるし、
すぐタンクの折り目や湾曲している部分になる。

うーむ、これは多分、ムリ。(^^;)
2008/11/29(Sat) 23:41
SL山口号

と言うわけで、この旅行の一番のイベント、かな。
SL山口号に乗るため、来た道を一生懸命戻ります。
最後は、走って、走って。。。。(^^;)

席に座ったら10分位しか余裕がありませんでした。。。

津和野

外に出て、写真を撮りまくって、席に戻ったら津和野に別れを告げる汽笛一声。
情緒があるねぃ。

車内の写真一枚も撮ってないけど、客車はレトロな感じに作ってありました。
空調は黒っぽい網で隠してあって、レトロさを壊さない工夫が。

けむり

これはトンネルかな?外が真っ白に煙って、中も石炭臭くなります。
外を見ていると、撮影ポイントでカメラ小僧や、カメラおじさんが、
群がってこちらにレンズをむけています。
そう言うところでは、機関士が気をきかせて(?)汽笛を鳴らしていました。

記念ピンズ途中で配られた乗車記念ピンズ

しかし、連日の疲れが出たのか、私たち3人はそのあと爆睡してしまったのでした。(^^;)
2008/11/28(Fri) 23:57
今日は旅行記はお休みだー。

明日、急きょどか亭の会社の仲間のツーリングに行けることになった。
わーい。
いそいそ支度。S4Rsに乗れるのは嬉しい。

で、

裏
以前使ってたタンク財布。
マグネット式のためS4Rsにはつかない。
悔しいから、マグネットを抜いて、りゃん面テープでベースのプラ板をつけて、
吸盤をつけてみた。

実は大きい吸盤をつけて、失敗してるのだ。
げ、こんなでかい吸盤、
S4Rsにつけられない。。。(^^;)

試しにつけてちょっと置いたら、さっさと落ちてしまった・・・・

くそー。悔しい。
再チャレンジだ。
小さい吸盤を買って来た。

くっついてます

そして。
ただ今冷蔵庫について1.5時間経過。
よし、いいぞ!
今度はいけるぞ!
明日は実験だ。(はがれるの恐いから十円玉位しか入れないけど)
と、思ったら。

ぷるるる、ぷるるる・・・・

あれ?電話?
誰から?


・・・・・・・はい、ワタクシ明日講師の仕事入っちゃいました・・・。


実験、無期延期。
2008/11/27(Thu) 20:57
久々にお仕事ネタ。
興味のない方はスルーしちゃって下さい。

絣のずらし台って、ナニ?
と以前ずらし台が、と書いた時に思った方もいますよね。

この間は面倒くさいので(^^;)、説明しなかったけど、
今日はがんばって説明します。

ずらし代

仕組みって言う程のものじゃないんですけど。
この木に釘がうってあるのが、簡易絣のずらし台。
言葉じゃ説明する国語力がないので、ひどい(^^;)絵を見て下さい。
おまけにちょっと薄いけど。

ずらし1

黒く塗ってあるのが、絣をくくる部分だと思って下さい。

かすり2

両端のひもを持ってぐぐっと引っ張ると・・・

かすり3

ほら、ね。
絣の部分が一致するでしょ。
これが原理です。

合わせる

こうやって一本にした糸束に、柄に合わせた印をチャコペンで付けてくくります。
この時、下巻き用のビニールとビニールテープの巻き方を、
上から下と下から上と交互にします。
上から下に巻く方がずっと巻きやすいのですが、
先生が、ずっと同じ方向に巻き続けると、「印」が散ってしまう気がする。
と言うので、はっきりとした根拠はないのですが、そうしています。
でも最近、散るのは一方の端からダーッと巻いた時ではないのかな、
と思うようになりました。
でも、習慣になっているので相変わらず上から下、下から上。と交互に巻いてますけど。

くくり

で、右端をいくつかくくったら、左端を、その次に真ん中。
と言う具合に巻いて行きます。
これには、途中で時間がなくなって、糸を片づけなければならなくなった時に、
すこしでも、絣がずれることのないように、と言う意味があります。

最初の頃は絣くくると、指先が痛くなって大変でしたけど、
今はこのぐらいなら何ともなくなりました。

・・・・慣れたのか、鈍感になったのか・・・(^^;)
どっちでしょうね。
2008/11/27(Thu) 19:17
お参りああ、疲れた。

お参りをします。
鮮やかな赤いお社に赤い上着の二人。完全に埋没してます。(^^;)

向かいにも鳥居が

それにしても下がこんな風になるほど上がって来て、しかもその間中ずっと鳥居。
ずっとずっと昔から
何かあると、例えば子供が産まれた、とか、
おじいちゃん・おばあちゃんの米寿とか白寿とか、
そんなめでたいことがある度に奉納して来たんでしょうね。
ごく最近奉納された鳥居もたくさんありました。

ところで、向かいの山にも鳥居があるの、見えます?

キレイ!もみじ

一息ついて、来た道をおります。
途中にあったもみじは一際キレイでした。

下に降りて、お団子で一服。
うーん、甘いもの、美味しい。。。し・あ・わ・せ。

しかし、あまり幸福感に浸っている時間はないのです。
この後、もうひとイベントあるのです!
2008/11/26(Wed) 19:07
津和野の駅まで連れて行ってもらい、コインロッカーに荷物を置いて、津和野散策へ。
まずはじめにみのやと言うガイドブックにも載っている店で腹ごしらえ。
しこたまうどんというのを頼みました。
これまた私にしては珍しく、汁まで完食。ごちそうさまでした。
隣に、紙布織の店があってちょっと覗きたかったのですが、
今日も時間がみじかめなので我慢。

どか亭が風邪気味で、森鴎外も愛用したという漢方薬の薬局に行ってみましたが、
結局ごく普通の薬局の方に行きました。
漢方薬、って即効性がないような気がするのと、
店構えが立派すぎて、ちょっと風邪気味程度では気が引けたから。(^^;)

その途中の本屋さんの店先に、退屈しきった看板犬が。

犬

「誰かこないかなぁ・・・」

造り酒屋

殿町通りをぶらついていると、いい雰囲気の造り酒屋があったり、
雑貨屋さんがあったり、ギャラリーがあったり、ううっ。
覗きたい。でも太鼓谷稲荷神社まで行って時間があったら、
と言い聞かせてスルーします。

コイ

掘り割りにコイがいました。

コイ2

ここにもコイがたくさん。

コイ3

コイがあふれてるー。(笑)

町の人口より、コイの方が多いとか。
で、地元のガイドさんがはなしているのを聞きかじった話。
「こにはハヤと言う小さい魚もいるんですが・・・。
お父さんがよく、「ほらこれがコイの稚魚だよ」と教えています。
ですがこの小さいのは残念ながらそんなに大きくなりません」(笑)

お父さん、知ったかぶりして子供にうそ教えちゃいけません。

教会

津和野カトリック教会がありました。
中は人でごった返していたのでパスしました。

見えて来た

太鼓谷稲荷神社が見えてきました。

鳥居

ここから鳥居の道?がスタートします。

鳥居2

つづら折れの道を登っても登っても、鳥居。
振り返っても、鳥居。

鳥居3

やっとゴールが見えてきました。
何でもここの鳥居数えてみたら、千本以上あったとか。
登り始めて、1本2本、とやりかけましたが・・・すぐやめました。(^^;)
2008/11/26(Wed) 17:50
いちょう

萩から津和野までの道はとてもいい道で、これ、バイクで走りたいなぁー、
と思うような道でした。
途中、タクシーの運転手さんが、
今シーズン初ですよ、こんなに見事に黄葉したイチョウは!
と言っていたイチョウの木。
ここら辺まで来るとだいぶ紅葉してました。
気温がずっと低いのでしょうね。

・・・・しまった。
観光タクシー編はこれで終わりでした。(^^;)
2008/11/25(Tue) 20:51
地図

宿に帰ると、頼んであった観光タクシーがもう来て待っていました。
しばらくは萩市内観光が続きます。

鍵曲がり平安古鍵曲(ひやこかいまがり)
鍵曲というのは敵が攻めて来た時に直に入り込めないよう作られたもの。

由緒ある町並みが残っています。
何でも景観保護のため、塀が崩れても、おいそれと住人が勝手に直せないそうです。
実際、塀が崩れていて、しかも生活してらっしゃる家がありました。
きっと直したいんだろうなー、気の毒だなー。
ただ私たちのように観光するだけ、ならいいけれど、
生活しながらなおかつ文化を守って行くのは、いい知れぬ苦労があるんでしょうね。

木戸入り口

木戸孝允の家、だとか、

小さい神社

伊藤博文と高杉晋作が学んだところ、とか、

萩博物館

萩博物館とか、

夏みかんの木

萩の武士を救った?夏みかんの木(今では名産ですね(^^))とか。

松蔭神社

松蔭神社に松下村塾。

はぁ、私の頭は爆発しそうです。(^^;)
2008/11/25(Tue) 15:49
空シーガルの前に広がる、海。

昨日、じゃない一昨日(モデムの熱暴走でUPできなかったんだ)、
シーガルへ行く時。
表通りに出てからしっかり暖気した。

何で暖気したのをいちいち報告するのかって?
だって、ずぅーっと、
「暖気は走りながらで良い。
回転を上げ過ぎないよう気をつけて1,2kmも走れば良い。」
と言う方法でやって来た。
だからエンジン始動とほぼ同時に出発してたのだ。
そう、先代のM900のみならず、先先代のTRX850も爆音だったので、
止まって暖気するのは、ちと、はばかられたのである。
従って少なくとも11年間はそうしてきたのだ。

しかしこの間、
何気なくエンジンかけたばかりのS4Rsのタコメーターを見ていて驚いた。

あれ、やだ。
この子、なんか悩んでる。


温度の液晶表示がLOから脱出するまでの、ほんの2,3分なんだけど、
わうーーん、ぅーーん、わうーーん、ぅーーんと、
1500回転と2000回転の間を針が行ったり来たりしてるのだ。

まるで、
あーっととと、止まっちゃう!
おおっ、いけねぇ、回転上げ過ぎたっ。
おーっととと、また止まるとこだった。
と。

S4Rsはチョークレバーとか、アイドリングあげるレバーとかがない。
進化したんだろうけど、ちょっと進化の度合いが足りなかったようで。(^^;)

ちなみにどか亭の1098はこうはならないそうだ。
1年の間にバイクの電気系も進化したらしい。
2008/11/25(Tue) 15:21
あ~つ~い~!

と、モデムが言ったかどうかは知らないが、
一晩電源抜いて、放置放冷して、さっき、モデム、ルーター、Mac。
の順に電源入れたら見事復活。

ああ、PCってやっぱりなんだかわからない。
2008/11/24(Mon) 23:21
まーたネットにつながらくなっちゃった。
よりによってどか亭が帰ってからこうなるなんてー!(^^;)
2008/11/23(Sun) 21:59
レディスツーレディースツーとは名ばかりの(^^;)混合ツーでした。

シーガルでおいしいご飯を食べるためと、
伊豆スカで走りもちょっと楽しめるかな?
と思って出かけたけど、遅れてくるご夫妻から、
「激しい渋滞!あきらめて帰ります。ターンパイクの帰り路線も大渋滞!」
とのメールを貰い、とっとと予定変更して、
ただ、行って、食べて、帰ってきました。(^^;)

行きも246号線、東名料金所、東名乗ってからと渋滞してたし。
帰りは真鶴道路が嫌んなっちゃうほど、渋滞。
あの道、上り路線は嫌いなのよ。
ズーッと側溝があって、止まってバランス崩したら・・・(^◇^;)
とかどうしても想像しちゃって。

総走行距離なんか200km足らずで短いのに、くたびれちゃった。
しかも!
写真はケーキの写真だけ!

りんごのタルトりんごのタルト

でも美味しそうでしょ。

明日、友人が撮った写真貰ってきて、のせられそうなのがあったらUPします。


2008/11/22(Sat) 22:37
朝食を済ませてチェックアウトも済ませてから、宿に荷物を預けて、
ここの宿の名物?の無料マイクロバスツアーに参加してみました。
ほんの30分程で回ってくるツアーでしたが、この史跡の説明をしてくれるおじいちゃんがとても印象的でした。

おじいちゃんがんばってね

最近、修学旅行で萩を選ぶより、韓国など外国を選ぶことが多くなってしまい、
よく、生徒相手に説明していたのがとんとお声がかからなくなってしまい、
つまらない、(と言うよりがっくりとしていたんじゃないかな?)
と思っていたのが、こうしてまた説明できるのが楽しくて。
とおっしゃる、80歳代後半のこの宿の会長さん。

萩は歴史ある街なので、私には戦国時代から、江戸末期と、
話があっちこっち飛ぶのがちょっと分かりにくかったけど、
おじいちゃんの語り芸がすごく面白かったです。
「この左手にあります○○、(みんな一斉に左を見る)
まぁー、悔しいことにこの木がありまして、見ることができましぇん!」
てなぐあい。(笑)

おじいちゃん、いつまでも元気でがんばってね!
2008/11/21(Fri) 22:05
東萩駅でバスから降りて、宿に電話して迎えに来ていただきました。
ここはまた浴衣が選べるそうです。
宮島と違って私は妙に(^^;)可愛らしいものを、ciao!は渋めの物を選びました。

浴衣

ciao!ちょっと帯が下過ぎるような・・・・

待望のご飯

お風呂に入ったあとは渇望してたご飯です。(笑)
量はまさに適量。多過ぎず、少な過ぎず。
最近の宿の流行りは、炊き込みご飯をその場で炊くものなのかどうか、
4軒の宿全部がそうでした。

ふく

人生二度目のふぐさし。
昨日食べたふぐのかわ?のとこが美味しかったな。
今日のには入ってない。残念。

はぁ、それにしても今日は疲れた。
足なんてぱんぱんだし。
観光バスの団体旅行なんて、もう二度と嫌だ。(^^;)

こうして4日目も怒濤のように終わったのでした。
2008/11/21(Fri) 21:38
記念館入り口

今度の立ち寄り先は、金子みすず記念館。

記念館前

童謡詩人、だそうですが。
ごめんなさい。興味ないのでパスして外で待ってました。(^^;)

それより、何か食べるものを。
外には、よろず屋が一軒あるのみ。
菓子パンとか置いてあったけど、なにかこう、おにぎりのようなものが。
とわがままなことを考えてしまい・・・。
集合地点の表通りに出るものの、かまぼこ屋さんがあるだけ。

・・・失敗したー。
菓子パン買ってくるんだった。

東萩駅に戻る1時間あまりの間、お腹はぐぅーぐぅ鳴りっぱなしなのでした。。。
2008/11/21(Fri) 21:17
ギリギリで間に合った私たち。
一番最後にならなかったことにほっとしました。

秋芳洞

ほんの5分かそこいらバスに乗っただけで秋芳洞に到着しました。
私たちは黒谷口側から入ります。
中に入ると、今まで急いで回る癖がついたからなのか、
ciao!が凄いスピードで歩いて行きます。
おーーい、ciao!誰かと競争してるのかい?(笑)

それとも暗い、閉鎖された空間が何となく恐かったんでしょうか。
そういえば、子供の頃、日原の鍾乳洞に入った時、なんとなく恐くて、
早く早く、と親をせかした記憶があります。
まさか、ね。あれは私が小学校低学年の頃の話だし。

クラゲクラゲの滝登り

中は狭かったり、驚く程広かったり。
照明が幻想的で、きれいなところです。

黄金柱黄金柱

百枚皿百枚皿

どか亭がゆっくり写真を撮っている間に、私たち二人は、ちゃっちゃっちゃー、
と見て、出口へ。
出口

出口2

出口の見えるところに東屋があったので、どか亭が出てくるのを待っていました。

合流後、また飛ぶように土産物店街を通り抜け、
ああ、今食べ物があった。あっ、こっちにも。
でも、時間が全然ないので見て見ぬ振りです。
くそー。
2008/11/21(Fri) 19:59
次は秋吉台。
ところで。なんか、お腹すいてきたなぁ。何か食べられるかな。

どやどやーっとバスから全員降りて、元祖夏みかんソフトの説明を聞いて、
お、うまそ。買うヒマあるかな。なんて思ったんですが。

秋吉台

広くて、ところどころ岩が顔を出していて、なるほどカルスト台地なんだな、
と肉眼で見ている時は思えたのですが、
時間があと10分位しかないので、ベストな絵の撮れるところが見つからず、
こんな写真しか撮れませんでした。
なんか広さ感が・・・(^^;)
ciao!の撮ったFine PIXの写真を見ても、

秋吉台2

どか亭の撮ったD300の写真を見ても、
何となくただの野原っぽい。(笑)
でもとりあえず、家族写真を撮って、また走ってバスに戻りました。

ああ、みかんソフト食べる時間なんてなかったな・・・。

ちなみに帰ってから家族写真を見ると、天気も悪かったからでしょうか?
白い岩がほとんど見えず、どこの原っぱで撮ったの?
って出来でした・・・。(^◇^;)

2008/11/20(Thu) 21:58
旅行の話は今日はもう、ちょっとお休み。
あと2日半なんだけど、写真の整理に息切れしちゃった。(^^;)
うん、でもがんばる。

それより。
昨日、パーツのエキスパート、野田卿からモトコルセのフルエキについて聞いてきた。
それ、ブレーキの話のところで一緒に書こうと思ってて忘れちゃったよ。

フルエキ

モトコルセのフルエキをつけると、ノーマルにあったドンツキがかなりなくなるらしい。
それはメカニックの金子さんも言ってた通り。
私、試乗の時は、かなり、かなーり慎重に扱っていたので、気がつかなかったけれど、
たぶん自分のもの、として新車から乗り出していたら、こんなはずじゃ・・・
と思っていたかもしれない。

パフォーマンスのフルエキもドンツキがなくなるけど、
モトコルセのは、車検対応(バッフルつけた状態で)なところがいい。
初期費用が高いのが難点と言えば難点。
とも言っていた。

ん?一体いくらするの?
Evoluzione
・・・ああ!前のオーナーさん、ありがとう。

軽くなった、軽くなったというだけで、ろくに調べたことなかったけど、
これだけで重量が6.7kgも軽くなってるんだね。
そりゃあ引き起こしも楽になるはずだ。

乗り替えて正解でしたか?
と聞かれたけど、もう大正解
S4Rsとの出会いに感謝、です。

(どか亭さんにもね。)
2008/11/20(Thu) 18:24
雪舟・銅像

またバスに揺られ、雪舟庭園のある常栄寺へ。
ここは昼食のため、比較的時間があります。
しかし、何となく食べる気にならず、写真を撮って過ごしました。
「先に行って、きっと食べるもの何かあるだろう」

はい、私達はバス旅行を甘く見ていました・・・

さて、さっそく、
常栄寺山門

山門をくぐって中へ入ります。

常栄寺・本堂

ああっ。どか亭苦難の靴脱ぎがっ!
今回どか亭はトレッキングシューズを履いてきているので、靴を脱ぐのが手間なのです。
がんばれ。

庭園

「池を中心に、水と石だけで構成した庭はまるで雪舟の山水画を見ているようだ」
だそうです。
上の写真は、富士山をかたどっているそうです。
んー、確かに。

雪舟の絵

雪舟の絵が置いてあったりしますが、実はこの庭「殿様が雪舟に命じて作らせた」
と言われているだけで、確たる証拠がないんだそうな。

なんだっけ

えと、これ、レールが一つしかないのに、

なんだっけ2

2枚の障子があるという、えと、えーと、
・・・なんだっけ?(爆)


2008/11/19(Wed) 21:22
この間、充電ロードを走った時から気になりはじめた。
ふきゃー、きゃ、きゅー、とフロントブレーキをかける度に鳴く。
S4Rs、いつの間にかブレーキで動物でも飼い始めた?
ちょっとー、あたしに黙って飼うなんて。反則よ!

ディーラーに行って野田卿をつかまえて、聞いてみた。
「ゴミでも入ったのかなぁ?」「どれどれ」
フロントタイヤをぐるぐる回して、
「んー、ローターかパッドにちょっとサビが出てるんだと思います。
ほら、サビの浮き初めってざらざらした感じがするでしょ。あれです。」
「えー、ブレーキかけてるうちに取れないの?
掛けてるうちに音しなくなると思ったのに、全然変わらないんだけど?」
「取る方法はですね、高速で200キロぐらいから、フルブレーキングすれば一発です。(^^)」
「ええー。そんなのできないよ。旦那に頼まなきゃ。あと他に何かない?」
「あとは、ビミョーに引きずり続けるかですねー。」
「それならできそう!」

帰りビミョーにブレーキを引きずろうとして、

あ。

ブレーキレバー遠くしてるから、完全にアクセル戻さないと、
ブレーキ掛けられないんだった・・・・
2008/11/19(Wed) 20:06
ciao!と二人で、まずは歩いて3分ぐらいのところにある、うぐいすばりの石畳へ。

うぐいすばり

「ぱちぱち」手を叩くと、反響して「ツンツン」みたいな音が聞こえます。
しかも、この看板のある当たりで拍手した時だけ。
おもしろーい。

しかし。
ここは最終目的地では、ない。
なおもずんずん歩いていくと。

お。

洞春寺

あった。

地味な山門

瑠璃光寺に比べると、なんとも地味な山門。

洞春寺本堂

そしてこれが、本堂。
ciao!、満足?
え、いまいち印象に残らない本堂だったって?
ふーん。なになに、それより犬が印象に残ったって?(笑)

犬

訪れる人も少ない、小さなお寺でした。

それから!
ダッシュで戻る!
走って戻る!

ぜーぜーぜー。

よし、時間ピッタリだ。
2008/11/19(Wed) 19:30
明日早い、と思っていましたが、なんと出発はAM11:00。
遅いですね。
今日は「おいでませ山口号」という定期観光バスに乗って、ぐるっと観光して回ります。

ゆっくり支度をして、ロビーでコーヒーなど飲んで、DSのリズム天国をして・・・(^^;)
あまりの出来の悪さに笑い転げてしまいました。(^◇^;)
時間になったのでバス停へ行って、バスに乗ります。

まず始めは洞春寺・瑠璃光寺。
あ、あれ。
洞春寺はバスで通りがかりに説明だけですか。
戦国時代好きのciao!が一番見たがっていたのに。
ちょっと通り過ぎた瑠璃光寺の駐車場でバスはストップ。
洞春寺まで歩いて3,4分?行ける?かな。

瑠璃光寺に入ると、なんてきれいな五重塔!

五重塔2

落ち着いた色合いで、屋根のそり方といい、ベストバランス。

五十塔全体

そしてどか亭さんは山門撮ったり、

山門

本堂撮ったり、

本堂

厳島神社にはなかった、見事な紅葉を撮ったり、

もみじ

もみじ2

比較的ゆっくりしたようです。

その頃、ciao!と私は・・・

2008/11/19(Wed) 18:46
プレーキランプ点きっぱなしの件で、S4Rsをドカティ東横店持ってったら、
なんとナットが取れて、それでブレーキが点きっぱになってたんだって。

これが取れた

「このナット、よく取れるんですか」?と聞いたら、
「取れない。はずなんですけど、取れてる方時々いらっしゃいますねぇ・・・」

やっぱり振動で落ちるんだろうね。
と言うわけで、どのナットが外れたのかよーく教えてもらって、時々チェックすることに。
2008/11/18(Tue) 18:55
だんだん時間がなくなって、平和記念館ではあと1時間ぐらいしかありません。
電車を押さえてあるので、どうしても広島駅まで戻らなければ行けません。
ダッシュで見ることにしました。

しかし、今日は11月5日、バリバリの平日なんですが、も・の・す・ご・い人です。
そう、秋の修学旅行、社会科見学シーズンなのです。
記念館の前で、小学生が体育座りして先生におこられていました。
「ふざけて、ふさわしくないことを言っている人がいました。
そういう人は見て欲しくない。ここに残って下さい。」

今の若い人たちは一体どう感じるんだろう。何を思うんだろう。

下の写真は原爆投下前の広島の街。

原爆投下前の街

そしてこれが、原爆投下直後。

原爆投下直後の街

なにもない、一木一草も・・・・

悲惨さに体が震えました。

祈り

決して戦争をしてはいけない。
たとえどんな理由があろうとも。
どうか、この思いが世界に通じる日が来ますように。



しろきつねの湯

移動に結構時間がかかって、日も暮れる頃、今日の宿泊地湯田温泉に着きました。
ケガをした白狐が入りにくるのを和尚さんが見つけた。と言う伝承のある温泉です。
夜のイベントもないし、晩ご飯の写真も、
部屋食ではなかったので、バチバチ撮るのはためらわれ、ありません。

てことで明日も早いので、今日のところはこれで。(^^)
2008/11/18(Tue) 18:15
広電

広島の路面電車、広島電鉄、通称広電。松山の路面電車より近代的です。
懐かしい感じはしないけど、こりゃあ便利。
市内は一律150円、一日乗車券とか種類があるし、縦横に走ってるし、
広島の人が東京に出てきたら、東京っていちいち交通費が高くて不便!
て思うんじゃない?

ドーム

原爆ドームに着きました。

ドーム裏から

多くは語りません。

慰霊碑

ただ、冥福を祈るのみです。
2008/11/18(Tue) 17:54
干潮時の大鳥居

朝7時半?あれ8時頃だっけ?鳥居の方を覗いてみると、
干潮で鳥居の下がくぐれるようになってました。
行ってみたいけど、ご飯の時間が迫ってたので行きませんでした。

洋菓子

和菓子

昨日食べられなかった、WELL COMEの洋菓子と和菓子。
悔しいので、朝食後、お腹いっぱいなのに、
ciao!と半分こして、一つずつ消化しました・・・。(^^;)
上品な味で美味しい。
今度ここに来ることがあったら、早めに宿に入って絶対食べる!!
と誓ったのでした。

あげもみじ

そしてさらに、お土産を買うついでに揚げもみじ饅頭を食べました。
いいんです。ものすごくよく歩くから、カロリーとっても平気です。
きっと・・・・。(^^;)

さよなら厳島神社

土産物街から出たところで。

さよなら、シカ

さよなら、シカ。
2008/11/17(Mon) 20:18
どか亭ツアー 宮島編、まだ続きがあります。

ここには屋形船で厳島神社に参拝する、それも夜暗くなってから!
というのがあります。
ナイトクルーズ?
満潮時にちょうどあたれば船で大鳥居をくぐってくれるのだそうですが、
今の季節にはできないそうです。
それでもギリギリまで行ってくれるそう。

そこで食事を済ませてから、どか亭には絶対寝ないように!(^^;)
と言い渡して、厳島神社ナイトクルーズに参加してきました。

ナイトクルーズ船のサーチライトで、大鳥居を照らした時の写真です。

厳島神社の正しい参道は、この海からの道なんだそうです。
古式に乗っ取って左回りに旋回し、参道へ。
そして鳥居をくぐりかけたところでストップ。
この辺は浅いのでこれ以上は無理なんだって。

そうそう、宿から送迎の車が出るんだけど、行きに細い道を曲がったらシカがー!

野良鹿これは車の中から撮ったんじゃないけど。(^^;)

運転手さんは慣れているのか、全然驚かずに、シカも驚いた風でもなく。
でも私たち観光客は、角曲がったらほぼ夜の闇にまぎれたシカがいる、
っていうのには驚きました。(^^;)
島内どこにでもいるんだから、当たり前なんだけど。
野生なんだからこう言う言い方はそぐわないんだろうけど、
野良ジカ?というかんじで、何となくおかしかったです。

幻想的

宿に帰ってから振り返ると
幻想的な風景がそこにはありました。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

alf

Author:alf
バイクブログのつもりが雑談ブログになって幾星霜。
Monster最速!のはず、、、(^^;)のS4Rsと、16年半連れ添ったご老体せろーくんから、セロー250に乗り換えて、これでバイクブログ復活なるか?ならんだろうなぁ。(笑)

カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

過去の顛末記

さるのかんづめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



リンク 2

DUCATI KIZUKI
Ducati東名横浜
とんちき亭
シーガル



ブログ内検索



RSSフィード



Design By Thiera
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。