さるのかんづめ 2

Ducati M S4Rs&セロー250の話が主になるはずが、日々、雑談増殖中。。。

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/15(Tue) 20:09
つい最近気付いた。
アライのジェットヘルのシールドをごくフツウに閉めると、

ずれる、ずれれば、ずれるとき。

こんなにシールドに開いた空気取り入れ口と、
ヘルメット本体に開いた空気取り入れ口はずれている。

本来なら、こんな風になってなきゃいけないのに。

一直線

しかーし。
こんな風に閉めるには、両足の間にヘルメットを固定し、
渾身の力を込めて叩きのめさねばならない。
・・・被ってる時にはどうしたって出来やしない。

それじゃあナニかい。
この2年半、春から秋はコレ使ってたのに、
少しでも涼しい様にって開けたのは無駄だった、ってこと?

だからアライのシールドはキライなんだっ。

水滴が内側につくのもこのせい?

コメント

ちょっと、調整が必要のようですね・・・



富士の、どか亭 | 2010/06/15 23:45 [ 編集 ]
お父さまの言うとおり、シールドベースの調整が必要ですね
調整した後は購入時に付属されてた潤滑シリコンも塗ってください
おじんがー | 2010/06/16 18:29 [ 編集 ]
>どか亭さん&おじんがーさん
調整?どうやって?
マニュアルにそんなの出てましたっけ?
でもヘルメットで、買ってから調整が必要なんて、
・・・やっぱりアライのシールドはキライです。。。
alf | 2010/06/16 21:07 [ 編集 ]
購入した製品の中には、稀に調整が必要なものもあります
工具は500円玉一枚あれば可能です
左右に付いているJホルダーというカバーを外さないとシールドベースが見えません
はずすとネジが2か所見えてこのネジを緩めてシールドベースを動かせます
Jホルダーは中途半端にいじると爪を破損して壊れますので、メカ音痴にはお勧めしません
購入したショップかお父さまに調整してもらってください
自分を守る装備の一つなので、できれば自分でいじれる(調整できる)ようになっていただきたいです
ヘルメットの型番がわかりませんが
RX-7RR5の取扱説明書には19ページから21ページまでにはずし方、調整の仕方が載ってます
おじんがー | 2010/06/16 23:53 [ 編集 ]
>おじんがーさん
ジェットの説明書には調整の仕方は載ってませんでした。
だけど、もー、気がついちゃったら気になって気になって。(^^;)

どか亭は来週末まで帰ってこないし、
シールド交換するついでに多分こうするんだろうな、
ちゅう調整してみました。(^^;)
私メカ音痴だけどプラスネジとマイナスネジは得意なんです。
で、500円硬貨がなかったので、10円硬貨でしました。
おかげで手がカナ臭くなりました。(笑)

一応、軽く閉めると穴の1/2強が合う様になりました。
あとちょっと力を込めただけで、「ほぼ」合うように。
コレ以上はヘルメットに開いた穴を広げるしかなさそうです。(^^;)

というわけで、ありがとうございました。(^^)
alf | 2010/06/17 21:40 [ 編集 ]








ブログ管理人にのみ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://alfs.blog83.fc2.com/tb.php/1064-130c8825

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

alf

Author:alf
バイクブログのつもりが雑談ブログになって幾星霜。
Monster最速!のはず、、、(^^;)のS4Rsと、16年半連れ添ったご老体せろーくんから、セロー250に乗り換えて、これでバイクブログ復活なるか?ならんだろうなぁ。(笑)

カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

過去の顛末記

さるのかんづめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



リンク 2

DUCATI KIZUKI
Ducati東名横浜
とんちき亭
シーガル



ブログ内検索



RSSフィード



Design By Thiera
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。